蝸牛型メニエール病とは

蝸牛型メニエール病とはメニエール病の手前の段階とも言われ、最初は比較的症状が軽く、低音難聴や耳鳴りなどといった内耳の障害が起こっている状態になります。

蝸牛とは内耳にあるリンパ液で満たされている感覚器官になり、中枢神経に情報を送る大切な役割を担っている場所になっています。
蝸牛型メニエール病になってしまうと難聴になり、低い音が聞き取りにくく、逆に高音が非常に不愉快に聞こえるようになります。
また耳鳴りも酷く、常に低い音が耳の中から聞こえてくるといった症状に悩まされるようになってしまいます。

一般に言われているメニエール病との違いは、内耳の障害のみでめまいが起きないことだと言われていますが、治療をせずに放置していると症状が悪化し、激しいめまいや吐き気といった症状が出てきてしまいます。
しかし蝸牛型の人が全てメニエール病になってしまうわけではなく、20%ほどの人がそのままなってしまうと言われています。

蝸牛型メニエール病も早期発見によって治る可能性が高くなっていますので、めまいなどの症状が起きる前に治療を受けるようにしましょう。
治療を怠ると高度の難聴になって後遺症が残ってしまう場合もありますので、すぐに病院へ行くことが大切です。
posted by ドンドコ at 17:06 | メニエール病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。