メニエール病の原因

メニエール病が起こる原因としては、内耳に出来た内リンパ水腫が圧迫して様々な症状が起きるのですが、何故そうなるかという究明は未だにされていないのです。
今までの研究結果によって、原因としての遺伝性は考えにくくなっていますが、これから先の研究で解明される可能性もあります。
現在考えられている原因としては、ウィルスや免疫力の低下、アレルギーやストレスといった事が言われています。
メニエール病になりやすい年齢が30歳から50歳ということでも、原因としてストレスが大きく関係していると考えられています。

また、内耳という場所はストレスに弱いことから、メニエール病の原因の1つとして、ストレスがあげられています。
生活習慣病の1種として扱われているメニエール病は、日常生活の乱れや食生活の乱れなども原因と考えられています。
精神的に追い詰められていたり、大きなプレッシャーを長時間感じていたりする人に多く発症している事から、ストレスや疲労が大きな原因となっているのです。

また、神経質な人ほどなりやすいという報告もあり、睡眠不足や肉体疲労などもメニエール病になる原因の1つと言われています。
はっきりとした原因は解明されていませんが、ストレスを溜めずによく眠り、規則正しい生活を送ることが大切と言えるでしょう。
posted by ドンドコ at 10:01 | メニエール病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。