メニエール病になった後の経過とは

メニエール病は人それぞれ症状の重さや進行は違いますが、繰り返し発作が起こることによって、悪化してしまう病気になっています。
初期の段階の症状としては多くの場合がめまいを感じ、耳鳴りがするといった経過をたどっていきます。
症状の重さも軽い場合や数分で収まる場合が多く、初期の頃は放っておくといった人も沢山いますが、この段階での早めの治療がメニエール病ではとても重要になるのです。
何度も繰り返すめまいや耳の閉塞感によって、すぐに難聴となってしまう場合もあるため、軽い症状だからと言って甘く見てはいけません。

メニエール病が初期の症状より進んでしまうと、発作が起きる時と安定している時を交互に繰り返すようになってきます。
発作が起こる頻度も人によって違い、毎日や毎月1回、1ヶ月に1回など様々になりますが、症状が悪化しているという事は共通して言えることになっています。

慢性的になってしまうと耳の聞こえが悪くなり、難聴が酷くなってしまい手術をしなくてはいけなくなる人も出てきます。
一番辛い症状と言われているめまいの頻度や重さが軽くなっていくため、治ったように感じますが、耳の症状が問題となってきてしまいます。
早めの通院を心がけ、メニエール病が進行しないような治療を行うようにしていきましょう。
posted by ドンドコ at 16:51 | メニエール病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。