メニエール病は完治するか

メニエール病は厚生労働省の特定疾患に指定されている難病になり、これといった治療方法も確立していないため、患者は将来の事を含めて完治するのか不安になる場合が多くあります。

ストレスがメニエール病にとって大敵となっているのですが、これからの治療や生活を思い悩む人が多いため、益々症状が悪化してしまうといった事も考えられます。

メニエール病は完治しないと言われていますが、その理由として専門に扱う医師が少ないということや、他の病気でもめまいの症状が出るために治療が遅れてしまうと言った事があります。
めまいや吐き気などを感じて一般内科を訪れてもメニエール病と分かる事は少なく、めまい外来がある耳鼻科や病院へ行く必要があります。
早期発見で治療を行うことで症状も治まり完治する病ですが、信頼できる医師と巡り会うということがとても重要になります。
治療が遅れて慢性化してしまうと完治は難しく、薬によってめまいや耳鳴りなどの症状を抑えながら生活を送っていかなければならなくなります。

めまいを専門としている医師は少なく、メニエール病の治療は長期になる場合もありますが、完治しない病ではないため少しでも気になる事がある時は、早めに耳鼻科を受診するようにしましょう。
posted by ドンドコ at 19:09 | メニエール病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。