メニエール病の診断基準とは

めまいや吐き気、耳鳴りや難聴などの症状に悩まされて受診した場合、メニエール病以外にも様々な病気が考えられるため、いろいろな検査を行います。
どのような診断結果が出た場合にメニエール病となるのかの基準を知っておくことも大切になっています。

めまいや難聴といった症状は内耳が原因以外に、内臓や脳などが関係している場合もあり、これらが原因となっていない時はメニエール病としての疑いが出てきます。
メニエール病の疑いが出たら簡単な平衡感覚を検査し、薬による経過観察を行うことが一般的になっています。

めまいの症状をメニエール病と診断する判断基準として、発作中に黒目が左右にうごく目振が起こる、立っていられないほどの激しいめまいが起こる、めまいとともに吐き気や嘔吐といった症状も見られるなどです。

耳鳴りはめまいが起こったときに同時に起きる、聴力検査によって低温部の音が聞こえにくいなどの症状がメニエール病の診断基準となっています。
メニエール病は診断基準が難しく、専門の医師もあまり多くないことから訪れる病院によってはすぐに治療を行うことが出来ない場合もあります。

早期の治療がとても重要になっているメニエール病ですので、めまい外来など専門の病院を訪れて診断してもらいようにしましょう。
posted by ドンドコ at 13:49 | メニエール病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。