メニエール病に似た病

メニエール症候群という言葉を聞くと、メニエール病と同じように思うひとが多くいますが、別の病気と考えた方が良いでしょう。
しかし起こる症状はメニエール病と同じになり、発作はめまいや耳鳴り、難聴などになりますが、その原因がはっきりとしていない場合を症候群と呼んでいます。
内耳のリンパ水腫が原因と診断された場合はメニエール病と言われ、原因ははっきりしないがめまいなどの症状が出ている場合を症候群と言います。

他にも似た症状としてある病に、突発性難聴や聴神経腫瘍、遅発性内リンパ水腫や前庭神経炎などがあり、めまいが起こる病気になっています。
遅発性内リンパ水腫はメニエール病ととても似た症状が出る病気になり、高度難聴の人がぐらぐらする回転性のめまいを起こします。
前庭神経炎も激しいめまいの発作が起こり、立っていられないほどの症状になりますが、ウィルスが原因の病気と言われています。
病気以外にも肩こりや頸椎の歪みによってめまいが起こる場合もあり、これらもメニエール病ではなく、症候群という風に呼ばれているのです。
めまいや耳鳴りは脳障害によっても現れる症状ですので、自分がメニエール病なのか、症候群なのか自己判断せずにきちんと診断して貰う必要があります。
posted by ドンドコ at 17:08 | メニエール病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。